2009年 03月 25日 ( 1 )

2009年 03月 25日
アン・ケェを迎えるまで
前~のエントリで書いてますが
我が家のかわーいい!!プリチィな!男前な!
ニャンズ、ケェ君、アンコロちゃん!
がうちに来るまでの話ですが、結構いい加減かも??

垣本亭で動物を飼おうと思ったのは結構いい加減で
「住んでるアパートが動物可になったから」
がスタートだったのは周知の事実(笑)なので
その後の話を

*注:あえて、その時々の感情のままの言葉にしてます。
   (例:一緒に住む→飼う、迎え入れる=飼う、等)

まず、ネットみてて可愛い!!
絶対買うならシンガプーラ!!

!!説明しよう、シンガプーラとは日本国内で手に入れることができる
  猫種でもっとも小さい猫のことである!めっちゃかわいい!!

c0196354_22205151.jpg


はい、こっから始まりました
いや、ほんま可愛いんですって!!
ケェとアンには負けますがね♪

で、探しましたよー、シンガプーラ
で、その中でちょうど公園にシンガプーラがいてるっ!
ってblogがヒットして、

・・・そこで里親って言葉をしりました・・・

*いつでも里親掲示板*
http://www.satoya-boshu.net/

自分の中で色んなことが変わりました。
ただ、まだ一段階目ですが・・・





保健所で殺処分になってる犬、猫、の総数・・・約35万頭
http://www.bethevoiceforanimals.com/01/index.html

・・・こういう現実があるってことを
知らなかったですし、こういう事って結構多いんじゃないかなって思います。
この現実を知っても、行動は人それぞれでいいと思うんです。
ただ、こころの片隅にはおいておいてほしいなって思います。





おー!めちゃ重いっす!!
ごめん!みてくれた人・・・

ま、ゆっても結構重い話なんすけどね

上でも若干ゆうてますが、私の動物飼いたい始まりは結構いい加減です。
でも、最初に知った、日本の現実から、若干かわりました。

「ペットショップで買うぐらいなら、里親なったら一匹は救われるじゃん!」

が、スタートです。
でも、これは結局くずれます。(苦笑)

もちろん、へんに暴走はしませんでした。
殺処分などの現場をしると、何故そうなったか?等を嫌でも目にします。
だから、自分はそうならないか?ってのを最初に考えました。

で、

最後まで面倒をみれるか?
・結婚してもOK?
 →猫嫌いとは結婚できない決意
・アレルギーは?
 →部屋をわけてアレルギーでダメな家族とは隔離する
・転勤などで・・・
 →ペット可の部屋にしかすまない

・・・ぐらいっすかね・・・考えれたのって・・・
いろいろありますよー!たとえば

・死んだらどうする?
 →ごめんっ!考えれてなかったっ!

あ、これだけだ。

って位考えました。
そこが、私のスタートです。

そっから里親募集をさがしまくりです。

もちろん最初はシンガプーラー!
・・・いねぇよ!笑
でも、ちらほらと血統書つくような猫が里親として
募集されてる現状をみました。
てなわけでGo!


・piyonekoさん家のマナカナちゃん
 性格があまえんぼうで、大変だと思いますって事で
 相談させていただいた結果、お断りになりました。
 でも、piyonekoさんには決定までお世話になることになります。

・都合があって手放さなければいけなかったロシアンブルー
 いーやー、ロシをきちんと知ったのはこれ?笑
 家庭の事情で引越しが必要で、かつ急な話でした。
 が、もっと良い里親さまに決定してこれもお断りとなりました。

・ホームレスキャットのももちゃん
 えっと、うーん、
 私が申し込んだときには、すでに一時預かりさんが決まっていて
 お願いはしたのですが、そちらにいくことになりました。
 ・・・そして、めでたく一時預かりさんが里親になりました。
 よかったです♪

・東京の8歳のシンガプ
 連絡を入れたのですが、なかなか返事が遅く
 このころには私も数回断られていることもあり、
 ・・・若干いらだっていました。
 ただ、丁寧な対応をしていただきましたし、
 最終的には、里子には出さずに一緒に暮らしていくと
 家族会議で決まったそうなんです。
 ちょっと心あたたまりました。

・なんか有名な人の庭で生まれた子猫
 ・・・いやー、最悪でした。
 電話くださいって事で電話したのですが、
 最初は2歳の猫ちゃんをということで、

・ジングルベルなシンガプ
えっと・・・えっと・・・長いので省略
他にもあったはずですが、さすがに忘れてますね・・・

んでもってめでたく成立したのがこの子ら♪
・ケェ、アン

募集サイトに掲載されていた写真が
これだぁ

・・・3,2,1
c0196354_22211622.jpg


・・・ありえんぐらいかわいいですっ!!!
もーね、悩殺ってこういうことなんだって思いました。

募集の中に書いてあったことで気をつけたのは
・生まれてすぐに風邪をひいてしまい、涙目っぽいこと
 →猫の風邪ってけっこうやっかいで、一度きつくひいてしまうと
  一生、涙目につきあっていかないといけないそうです。
  体調に気をつけるのはもちろんですが、治療費もかかる可能性があります。
 →男の子と女の子がいてて、一緒にいるとより元気になるとのこと
  できれば一緒にいれたほうがいいんじゃないかな?
  すぐに実感することになりました
  病院に一人ずつつれていくと、いてないのを探してちょっと切なくないてたそうなんです。
 →長距離移動・・・
  小さい子に長い距離の移動は負担になるとは思いましたが・・・思いましたが・・・
  ごめんなぁ・・・ケェル、アンジー
  山口の方だったんですが、夜行バスで荷物として運んでいただきました。
  朝一に友達が車だしてくれて、集荷場に迎えにいくことができました。
  ありがたかったです。(だって6時っすよっ!・・・んな早くから・・・ありがとう!!)

とまぁ、紆余曲折はありながらも、我が家にかわいいかわいい
ロシアンブル~の兄妹(姉弟?)がきちゃいました。
もーね、悩殺ですよ!
我が家にロシがやってきた編はまた別のエントリにさせていただきます。

毎度のことなっがい、なっがいエントリを読んでいただいた方
どうもありがとうございますm(_ _)m
[PR]

by arkhangelsk | 2009-03-25 22:22 | ニャンズ